この度、誠に勝手ながら、2017年3月31日(金)を持ちまして、Nicogoryβ版をクローズさせていただくこととなりました。
ご利用の皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い致します。

気軽に解決できる!法律問題ポケット執事 Nicogory (ニコゴリー)

ハウツー
よくある質問
法律用語
金銭トラブル

借金やローン、お金の貸し借りで返済ができなくなった、生活が苦しくて借金が返せない、厳しい取立てにあっている、口約束でしたお金の貸し借りでなかなか返済してもらえないという金銭的なトラブルを抱えている人はたくさんいます。借金に関する法的な解決方法として過払金請求民事再生自己破産などの債務整理というものがあります。これらの制度を上手に活用して金銭を巡るトラブルを解決し、新たな生活への一歩を踏み出しましょう。

もっと知る

金銭トラブルの個別の問題に関する基礎知識、解決方法、必要な書類、対応可能な専門家をご紹介します。

金銭トラブル8488471352

借金・サラ金

借金問題を解決する法的な手続きには4つの種類あります。借金すべて帳消しにできる自己破産法律で決められた利息よりもたくさん払った利息を取り戻す過払い金返還請求財産を手放したりせずに借金を返済していく民事再生、お金を貸してくれた人との話し合いで借金を整理する任意整理があります。

債務整理

債務整理とは、債務、要するに借金を整理する方法全般を指します。債務整理は大きく分けて①任意整理民事再生自己破産の3つに分類できます。また払いすぎた利息を取り戻す過払金返還請求も、債務整理の1つとされることがあります。自分の資金的な状況と今後の生活を考慮して、どの制度を利用するか検討することが重要です。

債務整理

過払い金返還

過払い金とは、貸金業者に対して、払い過ぎていた利息のことです。法律で定められた利息を超過していた利息で、本来なら完済していたのに払い続けていたお金です。過払いの生じていた利息分については、貸金業者請求し、交渉を行う事で取り戻せる可能性があります。自己破産任意整理民事再生とともに、債務整理の一つの手段と考えられています。

自己破産

貸し借りトラブル

お金の貸し借りのトラブルになるのは、書面等で貸し借りの条件を記録していないからです。借金を確実に返してもらうためには、借用書を作っておくことが大切です。ただし、借用書に確実に法的な効力を持たせるためには、公正証書で作成することをお勧めします。公正証書法律の専門家である公証人法律に従って作成する公文書で、管轄の都道府県の公正役場にいる公証人に作成してもらいます。

よくある事例・相談事

  1. 債務整理ってなんですか。

    回答者:Nicogory

    債務整理は、借金の整理手続きです。債務整理は大きく分けて①任意整理②個人民事再生(個人再生)③自己破産の3つに分類できます。これ以外に特定調停という制度もありますが手続きが煩雑な割にメリットが少ないので、あまり利用されていません。なお、払いすぎた利息を取り戻す過払金返還請求も、債務整理手続き内で行われることが多いです。 過払い金返還請求は払い過ぎたお金を取り戻すための手続きですが、それ以外の3つの方法は、どれも自分の財産を用いて債権者に返済する手続きです。

  2. 債務整理をするとブラックリストにのるときいたのですが、本当ですか?

    回答者:Nicogory

    いわゆるブラックリストはありません。ただ、過払金返還請求を除く3つの手続き(任意整理、民事再生、自己破産)を行うと信用情報期間保存の、信用情報に事故情報として記載されます。その結果、一定期間は借入れ等の審査に影響が出る可能性が高いです。 信用情報機関にも複数の種類がありますが、ある種類の期間には任意整理の情報が載らない場合もあります。

  3. 債務整理するとクレジットカードは使えなくなるんですか?

    回答者:Nicogory

    使えなくなることがあります。新規のクレジットカード作成は一定期間できなくなりますし、これまで使っていたカードも突然止められることがあります。債務整理をすると、信用情報に事故情報が登録されますが、こうなると新規の借入れ、新規カード作成、カードの更新、他人の保証人になる等の審査が通らなくなります。業者は時折信用情報をチェックしていますので、使用中のクレジットカードも使えなくなる可能性があります。 クレジットカード発行会社が登録している信用情報機関の種類によっても異なりますが、信用情報機関はいくつかあるので、参照される情報機関が異なるカードであれば利用可能な場合もあります。

  4. 債務整理って実際いくらかかるんですか?

    回答者:Nicogory

    事務所によって異なります。過払金返還請求の場合も依頼する事務所によって、返金までの期間、費用、取り戻し金額などは異なります。過払い金があったとすると取り戻した額の20〜30%を報酬とする場所が多いようです。 また債務整理と言っても自己破産、個人再生、任意整理など種類が異なるものが複数あるので一概には言えません。裁判所に対する費用もそれぞれ異なりますし、専門家に依頼する場合も手続きによって費用が異なります。

  5. 債務整理をした場合に使っている銀行に影響はでますか?

    回答者:Nicogory

    債務整理をする対象の銀行に口座を持っている場合、その口座が凍結される可能性はあります。銀行から借入れをする際に担保(土地や保証人)を設定していなければ、通常は保証会社が付いていますが、銀行から借入れをしている場合に、保証会社か銀行のどちらか、又は保証会社と銀行同時に債務整理を行うと、銀行の口座が凍結される可能性があります。借り入れをしている銀行に口座がなければ問題はありません。 自己破産の場合でも個人再生や任意整理の場合でも凍結されるおそれはあります。

  6. 自己破産をした場合に生命保険は解約されますか?

    回答者:Nicogory

    される可能性はあります。解約返戻金が一定金額を超えると財産とみなされ、解約される可能性があります。掛け捨てタイプの保険の場合は返戻金がありませんので心配ありませんが、積み立て型の場合は解約した際の返戻金がでるものがあります。これは余剰資産と見られて没収の対象にされてしまう可能性があります。原則として20万円以上の返戻金が出る場合は解約しなければならなくなります。

もっと見る

頼れる専門家 

金銭トラブル相続

No image white

ノースブルー総合法律事務所

弁護士國安 耕太

東京都新宿区市谷本村町3-18エムズビル8階
03-3269-8700

経歴

2002年 早稲田大学法学部卒業 2006年 国家公務員1種試験(現:国家公務員総合職試験)合格 2007年 中央大学法科大学院修了 2008年 弁護士登録 2010年 中央大学法科大学院実務講師(現任) 2011年 中央大学法学部兼任講師(現任) 2011年 原子力損害賠償支援機構・対面相談業務専門家(現任) 2013年 ノースブルー総合法律事務所開設 代表弁護士 2014年 財務省税関研修所 委託研修講師(知的財産法) その他 東京地方裁判所選任破産管財人、大田区法律相談員、第一東京弁護士会民事介入暴力対策委員会・総合法律研究所(知的財産法部会)委員

相続金銭トラブル

No image white

高島総合法律事務所

弁護士高島 秀行

東京都港区虎ノ門1-11-7第二文成ビル9階
03-3539-3339

経験21年、話がわかりやすく相談しやすい弁護士にご相談を

経験21年目の弁護士です。 弁護士もサービス業の1つと考え、 依頼者に、事件の見込み、方針、費用などを 簡潔にわかりやすく説明してから、 依頼を受けることにしています。 依頼者、相談者からは 説明がわかりやすく話しやすい とよく言われます。 30社の顧問先があります。 4年目の弁護士を雇用しており、 弁護士は2名です。 事務所の最寄駅は、 虎ノ門3分、内幸町5分、霞ヶ関5分、新橋10分です。 事務所は明るく相談しやすい雰囲気です。 事件を受任した後は、交渉や期日毎に、メールや手紙でご連絡を差し上げています。 一般の会社関係、個人のトラブル双方を取り扱っています。 会社関係は顧問業務、契約、労働、売掛、買掛、経営、借入等広く相談や依頼を受けています。 個人については、相続・遺産分割、不動産、貸金、離婚等の相談や依頼を受けています。 その他、民事介入暴力、フランチャイズ、ゴルフ場、学校、病院、公益法人などの事件も取り扱います。 「資産を守り残す法律」というブログ(http://takashimalawoffice.blog.fc2.com/ ) を毎週火曜に連載中です。 著作に 「訴えられたらどうする!!」(税務経理協会) 「相続・遺産分割する前に読む本」(税務経理協会) 「企業のための民暴撃退マニュアル」(税務経理協会) などがあります。

専門家一覧へ