この度、誠に勝手ながら、2017年3月31日(金)を持ちまして、Nicogoryβ版をクローズさせていただくこととなりました。
ご利用の皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い致します。

気軽に解決できる!法律問題ポケット執事 Nicogory (ニコゴリー)

ハウツー
よくある質問
法律用語

公正証書遺言作成について

公正証書遺言作成とはどういう問題なのか、判断のポイントは何かご説明いたします。

公正証書遺言は、遺言書を作成する際の方法の一つで、遺言者が、公証人の面前で、遺言の内容を口授し、それに基づいて、公証人が、遺言者の真意を正確に文章にまとめ、公正証書遺言として作成する遺言方法です。
公正証書遺言を作成しておくと、家庭裁判所検認の手続を経る必要がないので、相続開始後、速やかに遺言の内容を実現することができます。さらに、原本公証役場に保管されますので、遺言書が破棄されたり、隠匿や改ざんをされたりする心配もありません。後に遺言の内容の真実性や本当に故人の意思にもとづくものであったかどうかなどの争いが起こることも少ないです。公正証書遺言は、公証人証人2名の立会のもとに作成します。
証人の調達や公証人の手数料などの負担は必要になりますが、残された家族が相続財産でのトラブルが起こらないようにするためには、公正証書遺言が望ましいです。

[根拠規定] 民法969条、民事訴訟法228条

【関連するハウツー】

よくある事例・相談事

  1. 遺言とはどういうものですか?

    回答者:Nicogory

  2. 遺言が特に必要な場合とは、どのような場合ですか?

    回答者:Nicogory

  3. 遺言でできることとしては、どういうものがありますか?

    回答者:Nicogory

  4. 遺言は誰でも作成できますか?

    回答者:Nicogory

  5. 遺言は手書きでなければ効力がありませんか?

    回答者:Nicogory

  6. 遺言は、いつするべきものでしょうか?

    回答者:Nicogory

  7. 付言事項とはどのようなものですか?

    回答者:Nicogory

  8. 自分が老齢になったり、死亡したりした後、障害を持つ子の面倒をみてもらうことは、任意後見契約でできますか?

    回答者:Nicogory

  9. 外国人でも遺言書を作成することはできますか?

    回答者:Nicogory

  10. どういう時に公正証書による遺言にするのが良いですか?

    回答者:Nicogory

  11. 相続人に対して、公正証書遺言はどのくらいの拘束力があるのですか?

    回答者:Nicogory

  12. 公正証書遺言作成の際に、証人にはなれない人はどんな人ですか?

    回答者:Nicogory

  13. 公正証書遺言とはどのように作成するものですか?

    回答者:Nicogory

  14. 公正証書遺言のメリットは何ですか?

    回答者:Nicogory

  15. 公正証書遺言では遺言内容を秘密にしておくことができないという意見も聞かれますが、大丈夫でしょうか?

    回答者:Nicogory

  16. 公正証書遺言を作成するには、どのような資料等が必要ですか?

    回答者:Nicogory

  17. 一切の財産を妻(夫)に相続させるという簡単な遺言も、公正証書にできますか?

    回答者:Nicogory

  18. 以前に作った公正証書遺言を書き直すことはできますか?

    回答者:Nicogory

  19. 体調がすぐれず公証役場まで伺うのが難しいのですが、それでも公正証書遺言を作成することができますか?

    回答者:Nicogory

  20. 口がきけない人や耳が聞こえない人でも、公正証書遺言をすることができますか?

    回答者:Nicogory

  21. 遺言者が公正証書に署名することができない場合とは、どのような場合ですか?

    回答者:Nicogory

  22. 法律的なことだけでなく、家族に伝えておきたいことも一緒に公正証書遺言に書き添えることはできますか?

    回答者:Nicogory

  23. 公正証書遺言作成の際に、尊厳死宣言も公正証書にできますか?

    回答者:Nicogory

  24. 公正証書遺言を作成するときには、財産を一つずつ特定する必要がありますか?

    回答者:Nicogory

  25. 相続させるつもりの不動産の登記簿謄本が見当たらない場合、公証役場の方で登記簿謄本を入手してもらえるのですか?

    回答者:Nicogory

  26. 遺言者は外国籍ですが、公正証書遺言を作成できますか?

    回答者:Nicogory

  27. 遺言の撤回はどのようにすればよいですか?決まった方式がありますか?

    回答者:Nicogory

  28. 通常の遺言書と公正証書遺言の違いってなに?

    回答者:Nicogory

  29. 公証人って普段どんな仕事をしているのですか?どういう経歴の人が公証人になるのですか。

    回答者:Nicogory

  30. 公証人が遺言の内容を漏らさないか心配です。信用しても良いのでしょうか。

    回答者:Nicogory

  31. 見つけた自筆の遺言書と公正証書遺言の内容が相違していた場合はどちらが有効?

    回答者:Nicogory

  32. 家族の中に、私の財産を相続させたくない人がいます。どうしたらその人に相続させずにすみますか。

    回答者:Nicogory

  33. 遺留分も渡したく無い相続人がいる場合には、遺言に書いておくなど何か対策はできませんか?

    回答者:Nicogory

  34. 特別な方式による遺言について詳細を教えてください

    回答者:Nicogory

  35. ダイイングメッセージは遺言として認められますか?

    回答者:Nicogory

  36. 15歳未満の遺言書の書き方と手続き方法を教えて下さい

    回答者:Nicogory

  37. メモ用紙に書かれた遺言書っぽいのを見つけました。どうすればよいですか?

    回答者:Nicogory

  38. 遺言者の書く文字が汚く解読に解釈が生まれました。この場合はどうすればよいですか?

    回答者:Nicogory

  39. 複数の公正証書遺言を作ってしまった場合はどうなりますか?

    回答者:Nicogory

  40. 遺言信託の手続きについて教えてください

    回答者:Nicogory

  41. 負担付贈与を行った場合、贈与先に義務を付与させることができますか?

    回答者:Nicogory

  42. 生前に遺言書と違う譲渡(処分)をしていたのですが、遺言書に従って再分配すべきですか?

    回答者:Nicogory

  43. 遺言を無かったことにすることは出来ますか?

    回答者:Nicogory

  44. 遺言の内容の誤りを訂正する方法を教えて下さい。

    回答者:Nicogory

詳しく見る

解決するには?

どのような手順に従って手続をすれば良いかをフロー形式でご説明いたします。

解決フロー

1.公正証書遺言案の作成

公正証書とする遺言の案を作成します。遺言書で定める主な内容として、各財産の一覧と相続する人と配分の指定、遺贈、相続人の廃除、遺言執行者の指定等ができます。

作成する書類
  • 公正証書遺言案

2.印鑑証明書の取得

住所のある市区町村に届け出た実印を証明する「印鑑証明書」を取得します。印鑑登録の際に取得した「印鑑登録証」または「印鑑登録カード」を持参して市町村役場の窓口で申請します。実印は必要ありませんが、印鑑登録証(印鑑登録カード)がなければ、本人であっても印鑑証明書は取得できないので注意が必要です。取得にかかる手数料は、市区町村により異なりますが、1通あたり300円程度が多いようです。
なお、2015年10月からスタートするマイナンバー制度を利用して、印鑑証明書を取得できるようになりました。ただし、実際にマイナンバーカードによる印鑑証明書の交付を受けることができるのは、2016年1月以降の予定となっています。(市区町村により対応状況が異なることがありますので、利用開始日時については、お住いの各市区町村役場などでご確認ください。)
「マイナンバーカード」であれば、コンビニで取得もできます。

(印鑑登録が済んでない場合には、取得する前に印鑑登録が必要です。)印鑑登録の方法

期間市区町村役場やコンビニで、数分で取得できます。
場所住民登録している市区町村役場
取得できる書類
  • 印鑑証明書

3.戸籍の収集

戸籍とは、個人の氏名、生年月日や家族との関係を記録する公的な書面であり、本籍地のある市区町村に請求することで取得することができます。現在の住んでいる場所と本籍地が離れている場合、郵送で申請・取得することもできます。申請方法は、市区町村により異なりますので、事前に本籍地のある市区町村役場ウェブサイトにアクセスまたは電話で問い合わせするとよいでしょう。
なお、現住所地=本籍地ではありません。本籍地が分からない場合は、住民票を取得するか、もしくは免許証のICチップデータの記録を確認する必要があります。(免許証のICチップデータの読み取りには、警察署か免許センターにのみある装置が必要です。)
戸籍を取れる者は自分以外、原則として自身の配偶者・直系尊属(父母、祖父母など)と直系卑属(子・孫など)だけです。ただし、委任状があれば、第三者でも取得ができます。委任状の注意点

期間戸籍謄本の取得自体は、最寄りで直接取りに行ける場合には、数分から数十分あれば取得できますが、本籍地が遠方の場合、郵送や役所内の事務処理時間を考慮すると、1通につき1週間程度かかります。
場所本籍地の市区町村役場
作成する書類

4.不動産登記事項証明書の取得

住所を担当する法務局にて不動産の登記事項証明書を取得します。
登記事項証明書を請求する土地または建物の登記所がどこかは、最寄りの法務局のホームページにある管轄・取扱事務一覧などで確認できます。請求前に家屋番号の確認もしましょう。請求の際に必要となります。
土地の地番・建物の家屋番号は、住居表示(住所)とは異なる場合がありますので、請求する前に正確な土地の地番、建物の家屋番号を登記済証(いわゆる権利証)や登記識別情報で確認する必要があります。
1通あたり600円になります。また、現在はオンラインでも申請することができ、こちらは郵送費込みで500円窓口受け取りだと480円とやや安くなっているようです。
また、土地家屋は別々の不動産となるので、両方を相続する場合は、土地と建物それぞれ一通ずつ証明書が必要です。登記・供託オンライン申請システム

場所住所を担当する法務局
必要となる書類
取得できる書類
  • 不動産登記事項証明書

5.固定資産評価証明書の取得

土地や建物の購入や保有についてかかる固定資産税の算出根拠となる額が示された「固定資産評価証明書」という書面を取得します。
取得方法には、① 市区町村役場の窓口で取得する方法、② 郵送で取得する方法の2通りがあります。
窓口で作成する場合、本人が確認できる免許証、健康保険証、委任状(本人出ない場合)の持参と、「固定資産評価証明等請求書」の作成が必要になります。郵送の場合は、上記書類以外にも返信用封筒、手数料を同封して市区町村に郵送します。記入例

場所市区町村役所、出張所、駅などにある証明書発行コーナー
必要となる書類
取得できる書類
  • 固定資産評価証明書

6.預貯金情報の確認

遺言者(被相続人)の預貯金通帳や口座カードなどをもとに、取引銀行を確認して、その預金額を確認します。被相続人の金融機関の口座の残高証明書を発行してもらい、預貯金の財産を把握します。 預金通帳の出入金記録から、貸付金の利子、定期預金の利子、証券会社や保険会社の収受金、上場会社などの配当金があれば、元本等の財産を確認します。

場所各銀行
作成する書類

7.公証役場での遺言作成/公正証書遺言

遺言者は、①遺言案、②印鑑証明書と実印、③戸籍謄本、④不動産登記事項証明書、⑤固定資産評価証明書、⑥預貯金などの財産目録を持参し、公証役場へ行きましょう。公証役場において遺言者が遺言内容を公証人に直接、口頭で伝え、公証人が筆記したものを遺言者、証人2人に確認させます。遺言者と証人2人が公証人の筆記が正確なことを確認したら、各自署名、押印します。なお、遺言書作成時、口がきけないなど特別な事情がある場合には口頭に代えて、手話通訳や筆談も認められます。また、遺言者が病気等で出向けない場合は、公証人に自宅や病院に来てもらえます。
作成した公正証書遺言は、原本、正本、謄本の3通作成されます。全国公証役場所在地一覧

期間存命中(15歳以上)
場所最寄りの公証役場
必要となる書類
取得できる書類
  • 公正証書遺言

料金・作業時間の予測

自分でやると...

解決までにかかる時間
---日
想定される費用
---円 〜 ---円

専門家に依頼すると...

解決までにかかる時間
1週間以上
想定される費用
100,000円~

専門家に相談する

頼れる専門家 

公正証書遺言作成は、弁護士司法書士行政書士に相談できます。一人で解決するのが難しそうな場合、専門家にご相談下さい。

相続

No image white

やぎ行政書士事務所

行政書士八木 且広

千葉県船橋市宮本1-8-4
047-409-9096

技術と法律に強い船橋のエンジニア行政書士

大手エレクトロニクスメーカーにて、30年以上に渡り、メインフレーム・スーパーコンピュータの設計開発および品質保証に取り組んで来ました。 この経験の中から、むずかしい内容をやさしく説明するノウハウを磨いてきました。 むずかしい技術、むずかしい法律をやさしくご説明してサポートします。

相続

No image white

表参道司法書士事務所

司法書士佐藤 貴弘

東京都港区南青山4-16-11アールスクエア209
03-3470-1133

お客様からお預かりした『想い』を大切にし誠心誠意、職責を全うさせて頂きます!!

全国各地どこでも飛んでいきます✨どんな些細なことでも真摯に対応いたします!あなたの困難を打開する最善の策を一緒に探して行きます。 私は、2年間、都内大手法律事務所にて家賃や売掛金などの債権回収業務、建物明渡し事件などの事務に従事してきました。法律事務所では、上記の業務に加えて企業法務の補助も担当をするなど、幅広い法務実務の経験がございます❗️❗️ 平成25年、司法書士試験合格後、 都内の大手司法書士事務所にて1年間、コンサルティング業務を中心に幅広く実務を担当しました。

相続

No image white

一般社団法人日本シルバーサポート協会

行政書士藤井 智英

東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号渋谷マークシティウエスト22階
03-4360-5502

高齢者の不動産問題と相続専門の行政書士です

相続の問題は不動産の取り扱いが鍵になるケースが殆どです、誰がどの不動産を相続するか、相続した不動産を何時売るか、このようなちょっとしたポイントで相続税や譲渡所得税が大きく変わって来ることが多々あります。当事務所では不動産売買の現場で約20年以上経験を積んだ不動産と相続のプロがそれぞれの事案ごとの最適な解決策を親身になってご相談にのり円満相続のお手伝いを致します。また、昨今増えている高齢者の自宅から老人ホームなどへのお住替えに関しても行先の施設探しとご自宅の売却(不動産会社併設)をワンストップでご相談にのりお手伝い致します。

金銭トラブル相続

No image white

ノースブルー総合法律事務所

弁護士國安 耕太

東京都新宿区市谷本村町3-18エムズビル8階
03-3269-8700

経歴

2002年 早稲田大学法学部卒業 2006年 国家公務員1種試験(現:国家公務員総合職試験)合格 2007年 中央大学法科大学院修了 2008年 弁護士登録 2010年 中央大学法科大学院実務講師(現任) 2011年 中央大学法学部兼任講師(現任) 2011年 原子力損害賠償支援機構・対面相談業務専門家(現任) 2013年 ノースブルー総合法律事務所開設 代表弁護士 2014年 財務省税関研修所 委託研修講師(知的財産法) その他 東京地方裁判所選任破産管財人、大田区法律相談員、第一東京弁護士会民事介入暴力対策委員会・総合法律研究所(知的財産法部会)委員

相続

No image white

行政書士事務所エベレスト

行政書士野村 篤司

愛知県名古屋市中区錦二丁目15番19号 綿常HD錦ビル2階
052-212-8848

〜お客様満足の”最高峰”を目指す〜 行政書士事務所エベレスト

名古屋市中区錦に事務所を置く「行政書士事務所エベレスト」です。 当事務所は建設業や運送業などの各種営業上必要な許認可の取得申請支援を始め、農地転用許可などの土地利用関係業務、契約書の作成や遺産分割協議書の作成などの私法業務、在留資格認定証明書交付申請や在留資格の帰化許可申請などの国際(外国人)業務など、幅広い業務を担う「総合型行政書士事務所」です。 また、『お客様満足の最高峰を目指す』ことを事務所の理念として掲げ、その一端としてお客様の利便性に寄与する「ワンストップサービス」を実現しています。グループ会社である「司法書士事務所エベレスト」では司法書士業務を、「社会保険労務士事務所エベレスト」では社会保険労務士業務を、さらには保険や不動産に関しても「株式会社エベレストコンサルティング」にて一括窓口で承ります。 お気軽にご相談ください。どうぞよろしくお願い致します。

相続金銭トラブル

No image white

高島総合法律事務所

弁護士高島 秀行

東京都港区虎ノ門1-11-7第二文成ビル9階
03-3539-3339

経験21年、話がわかりやすく相談しやすい弁護士にご相談を

経験21年目の弁護士です。 弁護士もサービス業の1つと考え、 依頼者に、事件の見込み、方針、費用などを 簡潔にわかりやすく説明してから、 依頼を受けることにしています。 依頼者、相談者からは 説明がわかりやすく話しやすい とよく言われます。 30社の顧問先があります。 4年目の弁護士を雇用しており、 弁護士は2名です。 事務所の最寄駅は、 虎ノ門3分、内幸町5分、霞ヶ関5分、新橋10分です。 事務所は明るく相談しやすい雰囲気です。 事件を受任した後は、交渉や期日毎に、メールや手紙でご連絡を差し上げています。 一般の会社関係、個人のトラブル双方を取り扱っています。 会社関係は顧問業務、契約、労働、売掛、買掛、経営、借入等広く相談や依頼を受けています。 個人については、相続・遺産分割、不動産、貸金、離婚等の相談や依頼を受けています。 その他、民事介入暴力、フランチャイズ、ゴルフ場、学校、病院、公益法人などの事件も取り扱います。 「資産を守り残す法律」というブログ(http://takashimalawoffice.blog.fc2.com/ ) を毎週火曜に連載中です。 著作に 「訴えられたらどうする!!」(税務経理協会) 「相続・遺産分割する前に読む本」(税務経理協会) 「企業のための民暴撃退マニュアル」(税務経理協会) などがあります。

専門家一覧へ

関連するハウツー

  1. {{'自筆証書遺言作成' | truncate:16}}
    {{'遺言を書きたい' | truncate:32}}

    弁護士司法書士行政書士

    • 対象者:遺言者
    • 解決までの期間:数日
    • 想定費用:50,000円~
    • この問題が得意な専門家:7人
  2. {{'秘密証書遺言の作成' | truncate:16}}
    {{'誰にも内容を知られずに遺言を残したい' | truncate:32}}

    弁護士司法書士行政書士

    • 対象者:遺言者
    • 解決までの期間:1週間以上
    • 想定費用:50,000円~
    • この問題が得意な専門家:7人
  3. {{'危急時遺言' | truncate:16}}
    {{'死期が迫っているため、話した内容を遺言にしたい' | truncate:32}}

    弁護士司法書士行政書士

    • 対象者:遺言者
    • 解決までの期間:
    • 想定費用:
    • この問題が得意な専門家:7人

全てのハウツー